レコーダーを買うならどっち?!

現在販売されているレコーダーの種類は大きくわけて、ブルーレイディスクとDVDの2種類があります。

高画質に記録したいのであれば、現時点ではブルーレイを選択するほうがいいでしょう。

しかし、ディスクへのバックアップ(記録)を考えない人であれば、どちらを選択しても問題ないと思います。

<ブルーレイのメリット>
 大容量であり、デジタル放送を高画質なまま、長時間ダビングできることです。

<ブルーレイのデメリット>
 レコーダーもメディアもDVDに比べて高価であることですが、この問題は、今後ブルーレイレコーダーの普及とともに解決されていくでしょう。

<DVDのメリット>
 搭載するレコーダーもメディアも低価格であること。再生プラットフォームもブルーレイより普及しています。

<DVDのデメリット>
 長時間、高画質なままにダビングできないことです。

※ 注 意  ※
 DVDにもハイビジョン映像を収録できる技術が搭載されたモデルが登場していますが、「AVCREC」(パナソニック、三菱、ソニー、シャープなど)と「HD Rec」(東芝のみ)の間には再生互換性がないので、異なる記録規格のレコーダーに買い換えると再生できなくなってしまうので注意しましょう。

"レコーダーを買うならどっち?!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント