DVDのVideoモードとVRモード

DVDに記録されている映像などはMPEG2という圧縮方式により記録され、DVD Video規格とDVD VR規格の2種類があります。DVD Video規格のものは、通常、CDショップやレンタル店などで販売やレンタルされているもので、DVDソフトを製作するために生まれた規格です。これに対して、DVD VR規格は、家庭内で番組放送を記録用メディアに録画することを想定して規格化されたものです。よって両者は、全く違う規格であり、双方、メリット・デメリットがあるので、用途により使い分けが必要です。

VRモードのメリット
 ・ 二ヶ国語放送の録画が可能。
 ・ 番組名、サムネイル(代表画像)など変更が可能。
 ・ プレイリスト(好きな番組や好きな場面だけを多数集めて残す)作成が可能。

VRモードのデメリット
 ・ DVDメディアへの録画は、著作権保護のためCPRM対応ディスクを要する。
 ・ 通常のDVDプレイヤーでは互換性がないため基本的に再生できない。

"DVDのVideoモードとVRモード" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント