東芝 ブルーレイレコーダー

次世代DVD戦争でHD DVDを支持して敗れた東芝が、ついに、ブルーレイを搭載したレコーダーを発売。
(平成22年2月中旬予定)

東芝ファンの人々にとって待望の新機種になりそうだ。

『REGZA でブルーレイの高画質映像が見たい』 との REGZAユーザにやっと答えたといえる。

機種は、320G HDD搭載のD-B305K、1TB HDD搭載のD-B1005K、1TB HDD搭載でVHS搭載のD-BW1005K3タイプ

どれもデジタル放送を2番組同時に録画できるW録対応。

MPEG4 AVCでハードディスクやブルーレイディスクにフルハイビジョン長時間録画が可能だ。

しかし、残念なことに、従来のVARDIAシリーズと同等の編集機能やネットワーク機能等は搭載していない。

また、HD Recで録画したDVDディスクとの互換性も無い。

編集についてはチャプターマークの追加・消去や、イン点、アウト点を指定したカット編集が可能だが、

フレーム単位の編集やプレイリストの作成はできない。

また、スカパー! 連携/CATV連携機能も備えておらず、RD-X9などで搭載していたUSB HDD録画にも対応しない。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック