東芝 VARDIA フラッグシップモデルが1年ぶりに...

東芝 VARDIA(ヴァルディア)のフラッグシップモデルRD-X9が9月上旬より発売。

フラッグシップモデル (社内での最高級モデル)
VARDIA RD-X9 (2TB=2,000GB)

画像


RD-X9の最大の特長は、ハードディスク(HDD)がRD-X8の倍の(2TB=2,000GB)。
また、外付けHDDへの増設録画に対応したこと。
これにより、メディア(DVD)を使用することなく、ハイビジョンを大量に取り扱うことができるようになった。

以前、使用していたレコーダーが320GBしかなくとても不満でした。
実際、録画時に画質を落として撮るとこは、ほとんどしないため、すぐにHDDの容量不足に悩まされたいました。
故に、今度買うレコーダーは大容量のHDD搭載モデルにしようと思い、
当時、最大のHDD容量を搭載したRD-X8に決めましたが、
実際に使用してみると、レコーダーを家族みんなが使用するので、
それでもまだ、HDDの容量不足を感じていました。
今度のRD-X9は、これらが一気に解消されるモデルということになります。

また、自分の気に入っている機能に『XDE』という機能が搭載されていますが、
RD-X9は、画質改善がなされ、新たに輝度と色の境界の立ち上がり波形を改善する
アルゴリズムを追加したことで、過渡な強調を抑え、より最適な形で動作するようにしている。(対 旧XDE)

『XDE』とは、480iなどの映像(DVD画質)を1080pにアップスケールするもの。
これによりDVDの画質もよりハイビジョン画質に近い状態に補正してくれる。

東芝の映像美で『XDE』の機能をチェック

VARDIA RD-X9 市場価額最安値


VARDIA RD-X8 市場価額最安値


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック