低価格PCについて

最近、低価格(5万円前後)のノート型PCが売れているようだ。

高性能を武器にしてきた日本メーカーも脅威となっているようで、

今月24日には、東芝が『ダイナブック』ブランドで参入するなど、

各メーカーも低価格PCに本格参入してきている。

どのタイプも3年ぐらい以前のノートPCぐらいのスペックを持っており、

ネット接続を目的に、2台目、3台目として人気のようだ。

しかし、価格的な魅力があるものの、液晶画面が小さいのが・・・。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

よっちゃん
2011年02月14日 12:06
先日Shop1048よりE-mailが着たので2月7日にログイン
今まで色々な条件にて、ラップトップを探していたので、さっそく目的のPcの仕様と価格を考査し購入を決め手続きを済ませました。
翌日2月8日に商品が着き、9日からセットアップしインターネットに接続、同じPcの型番にて検索したところ、価格コムにて同価格にて、販売されていました。
販売価格が同じなと、なおかつUSBマウスが付くとの内容です。
2月11日に電話をしたましたが、東芝ダイレクトPCは、3連休に入いた為14日に、東芝ダイレクトPC電話した所、
東芝ダイレクトでは、販売ルートが色々有りますので販売条件が有りお客様の発注したタイミングが悪かったのこととの返事でした。では何のための東芝ダイレクトPCからのE-Mailで会員特典か環からなくなりました。

この記事へのトラックバック