D端子とHDMI端子について

D端子とは、コンポーネントケーブルを

1つにまとめたものなので、アナログ信号です。

種類は、D1~D5まで種類かあり、

ハイビジョンに対応しているのは、D3端子以上です。

HDMI端子とは、簡単に言うと

1本のケーブルで映像と音声をデジタル信号

やり取りできる端子のこと。

デジタル信号なので、音も映像も劣化なく再現することができる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック