D端子とHDMI端子について

D端子とは、コンポーネントケーブルを

1つにまとめたものなので、アナログ信号です。

種類は、D1~D5まで種類かあり、

ハイビジョンに対応しているのは、D3端子以上です。

HDMI端子とは、簡単に言うと

1本のケーブルで映像と音声をデジタル信号

やり取りできる端子のこと。

デジタル信号なので、音も映像も劣化なく再現することができる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック