LUMIX DMC FX37

最近なにかといい話題の多いパナソニック。

DVDレコーダーのDIGAや液晶テレビVIERAの売れ行きも好調。

中間決算は他のメーカーは、円高や海外需要の低迷により下方修正するところが多い中、パナソニックは上方修正。また、本日の朝刊では、三洋電機を来年3月をめどに子会社化するなど元気がいい。

やはり、消費者の目線に立って消費者が望む物づくりの成果であろう。

その中でも、LUMIX DMC FX37が爆発的に売れているらしいので、その理由を考えてみた。

FX37が人気ある最大の理由は、新しい機能である「おっかけフォーカス」という機能にあると思う。これは、ペットや子供を撮るのは、なかなかピントが合わず難しいものですが、被写体が止まっている時にロックしておけば、被写体が動いてもそのまま追い続け、ピントと明るさを最適設定にしてくれる機能です。また、逆光補正を自動でおこなってくれるなど、でき限り撮影時の失敗をなくしてくれる機能にあると思う。

また、これほどの機能が搭載されていても値段が手頃であり、買い替えやすい。

画像

LUMIX DMC FX37 市場価額

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック